地方で暮らすための不動産選びのポイント

地方で暮らすための不動産選びのポイント



 

仕事が決まったら、次は家探し。

地方で暮らすことが決まると、

「自然豊かな土地で空き家を借りてDIYでリフォーム!」

なんて、夢が膨らんでいきます。

 

しかし、そう簡単に良い物件は見つかりません。

 

この記事では、地方で暮らす際の不動産を選びのポイントをお伝えします。


 

最初は「空き家」を選ばない!


地方移住の夢のひとつが、TVやSNSでも話題の「空き家リノベーション」。

しかし、良い空き家物件を探すとなると一苦労です。

基本的に「空き家」は不動産屋さんでは取り扱っていないものがほとんどです。

自治体によっては空き家バンクなどもありますが、掲載物件数は多くないです。

 

また、空き家を借りられたとしても、生活のライフライン(電気・ガス・水道)などを確保するのにも時間やお金がかかります。

 

住んでみたら、「シロアリに食べられている」「基礎が腐っている」なんてトラブルも。

一度、空き家を買ってしまったら、引き返しができません...。


そこでオススメなのが、一旦アパートなどに住み、住みながら物件を探す方法です。

 

実は、公民館施設の職員さんや、地域の区長さんが空き家の情報や大家さんの情報などを知っていて、そういった地域の人の繋がりを頼りに、空き物件を探すのが一番の近道なんです。

 

まずは、仮住まいで地域を知ること・暮らしを安定させることをオススメします。


 

アパート選びの基本

 

次にアパート選びのポイントを紹介します。

 

ポイントはこの6つです!

 

1.エリアを絞る

2.周辺環境

3.間取り

4.築年数

5.設備

6.家賃

1.エリアを絞る

通勤時間、買い物エリアの2軸から、自分が住みたいエリアを絞りましょう。

場所によっては自転車や徒歩で生活できる場所もありますが、地方は車移動が基本になります。通勤時間は運転が苦にならないかどうかもポイントです。

 

2.周辺環境

最寄りのコンビニやスーパーなどの買い物施設、銀行や郵便局、病院などの公共機関などをチェックしましょう。飲み会は外せない方は飲み屋街の位置もチェック。車移動が基本なので、飲み屋街から外れると、なかなか飲みに行けないこともあります(笑)

 

3.間取り

地方のアパートは広めなので、あまり間取りには困らないと思います。

この値段でこんなに広いの!?ということも。
日当たりなどはチェックしましょう。

 

4.築年数

新築のアパートは、設備が充実していて住みやすい反面、家賃が高いです。

築年数が長く安い物件でも、リフォームされていることもあるので、要チェックです。

 

5.設備

この6つはチェックしましょう!
特に車移動の方には、駐車場は必須なので、要チェックです。

◎キッチン(ガスorIH)

◎浴室(追い焚きの有無など)

◎トイレ(ウォシュレットの有無)

◎エアコン

◎インターネット

◎駐車場・駐輪場

 

6.家賃

アパートの家賃は手取りの30%が目安と言われます。

希望エリアの物件を数件見て、相場感を掴みましょう。


 

地方のアパート選びで注意したい点

 

地方でアパートを選ぶ際に注意したいポイントは2つです。

 

1.ネットに最新情報が乗ってるとは限らない!

 

地方の不動産屋さんも大手の賃貸物件検索サイトと連携して、物件を掲載しています。しかし、常に最新の情報が更新されていないことも...。

 

実際に不動産屋さんに行ってみると、ネットに載っていない物件も沢山あります。

現地を知る上でもまずは不動産屋さんを何件か巡ってみることがオススメです。
 

 

2.不動産屋さんごとに得意エリアがある!

〇〇地域は〇〇不動産、△△地域は△△不動産といったように、それぞれの不動産屋さんによって、得意な地域が異なります。それによって、取り扱っている物件数が大きく変わりますので、ぜひGoogle Mapなどで住みたいエリアを決めたら、その地域の不動産屋をまず回ってみることがオススメです。


 


地方で暮らすための不動産選びのポイントいかがでしたか?
 

夢を膨らながらも、地域を知ることが一番大切です。

 

まずは地域の情報を一番持っている地元の不動産屋さんに相談してみるのがオススメですよ。


 

イワイエリアのオススメ不動産屋さん

株式会社セイコウ


 

(記事制作:イワイズカン編集部)

関連の求人